スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

おばあちゃんの話

10日、朝早く父方のおばあちゃんが亡くなりました。

過去にここにも書いたことがあったと思うのですが、4年ぐらい前から認知症が進んでおり一人暮らしが困難になってきていたため、父が心配して、おばあちゃんの家で一緒に住んでいました。

父と暮らし始めてから、おばあちゃんは安心してしまったのか、生活の細々としたことをすべて父に頼って、今までできていたこともだんだんできなくなり、病気が進行していきました。
父も介護者の会の集いに出たり、精一杯おばあちゃんを支えてきました。
なかなか難しいです…。

わたしも週に一度ぐらいおばあちゃんの顔を見に行ってましたが、しまいにはわたしの顔も名前も忘れていました。

おばあちゃんは車が好きなので、よくドライブに連れていってあげました。すごく喜んでくれて……
車中ではいつも歌を歌ってました。

一昨年の12月に、おばあちゃんが庭でつまづいて近くの大きい病院に運ばれたと連絡があり、母と一緒に急いで駆けつけました。
大腿骨を骨折していました。
病室に空きがないからと談話室みたいなところに寝かされていました。かわいそうだった。

うちから30分ぐらいで行ける病院に転院して、手術を受けました。
そこで3ヶ月お世話になった後、
リハビリのためにM病院に転院して、亡くなるまでずっとそこでお世話になりました。
M病院の皆さんにはほんとにお世話になりました。

10日は休みだったので、家族で出掛けようかなんて前日の夜にのんきに話してました。
おばあちゃんも変わりなく、前日もスタッフの方とお散歩したりお話してたみたいです。

2時の回診でも変わりなかったそうです。よく眠っていた。
4時の回診の時に、脱糞していたので、処置してくださり、そのあと容体が急変したそうです。
朝6時に父が病院に駆けつけ、わたしも7時過ぎに起きて行きました。

慢性心不全でした。

おばあちゃんは、とても正直でまっすぐな人でした。
人に言えない苦労もたくさんあったと思います。
働き者で、70を過ぎてからも工場にパートに行って、帰ったら畑の手入れしたり、まめな人でした。
猫が好きで、近所の子どもたちから「ネコのおばあちゃん」って呼ばれてたらしい

10日はお通夜でした。
11日のお葬式にはわたしは仕事で行けなくて、通勤電車の中で涙してしまいました。
通夜で、おばあちゃんに、「明日は来ることができないけど、がんばって働いてくるからね」「ありがとう」「さようなら」と祈りました。

見てて不思議だったのは、湯灌してもらったり、きれいな着物を着せてもらったりしたら、おばあちゃんの表情がだんだんうれしそうな表情に変わってきたこと。
わたしが「にこにこしてるように見えない?」って聞いたら母も「そう思う、うれしそうやね」って。
ご会葬に来て下さった皆さんも、「こんなに穏やかな死に顔、見たことない」「きれいな顔してる」って言ってくださいました。
ほんと、今にも起きてきそうな感じ。眠ってるみたいな顔でした。

葬儀会場の皆さんにもお世話になりました。
司会をしてくださった女性も、親身になって話を聞いてくださいました。
生前おばあちゃんが好きだった歌をCDに焼いて、11日の朝、母に渡したら、葬儀でかけてくれたそうです。

おばあちゃん、ほんとに歌が好きだったもんねぇ……

関連記事

別窓 | 家族のこと | コメント:0 | トラックバック:0
2011-11-21 Mon 15:53 ∧top | under∨
<<ねこ箱 | ねこPunch↑ | おばあちゃんのこと>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ねこPunch↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。