スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

読めるかな?この地名

珍しい地名や、漢字が難しくて読めない地名、日本全国どこにでもありますよね。
わたしが住んでいるのは関西なんですが、こちらにも読めない地名がたくさんあります。
京都は特に多い気がするね。
他県の友だちがこっちに来たりすると、まず駅名が読めなくて困ってたりしますからね。
はじめて京都に遊びに来た友だちとの電話で、
 わたし「迎えに行くよ。今どこにいるの?」
 友だち「えーと、何て読むんだろ。とりまる?」
 わたし「え?とりまる?」
 (゚Д゚ )ハテ? そんなとこあったか……?
 えーっと……とりまる……トリマル……鳥丸……( ゚д゚)ハッ!
 烏丸や!!
ってこともありました。
烏丸……本来は「からすまる」と読みますが、撥音便化し、現在は「からすま」と読みます。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「鳥」「烏」ってよく似ているし、読めない人も多いでしょう。
しかし、とりまる……。あとからじわじわ笑いがこみ上げてきます。
だって、なんとなくカワイイじゃない?(´∀`)
まるい鳥を想像すると更にカワイイ
……念のため申し添えておきますが、わたしは、地名が読めなかった友だちのことを笑っているのではなくて、「とりまる」という響きに笑いを誘われているのです。決して人をばかにしているわけではありません。
例えばそれは、“烏龍茶”を「とりりゅうちゃ」と読む、みたいなもので、なんとなくおかしいね、ってことです。
読み間違えること自体は別におかしくないのです。わたしも京都にいなかったら読めなかったと思いますし。

そういえば最近、お友だちのブログで舎人公園の記事があったんですが、“舎人”って何て読むのか最初わからなかった。
どこをどう読めば「とねり」って読めるんだろうね。難しいね。
大阪の“放出”とか“十三”もそう。放出は「ほうしゅつ」としか読めないし、十三は「じゅうさん」。
これを「はなてん」「じゅうそう」と読めというほうが強引な気がするよ(´∀`;

では、ここでクイズです。

“物集女”
さて、これは何と読むでしょう?
大阪から京都に向かって車で走っているときに道路標識で見たんですが、わたしは最初読めなかったね。家族全員読めなかったよ。うちの家族がアホなだけかもしれないけど。
「ものあつめおんな?」なんて言って(笑)。
答えは次回! なんちゃって。
答え:もずめ
↑反転させています。クイズなので、ちょっと考える楽しみがあったほうがいいかと思って。

“先斗町”
これは、まさか「先」をそう読むとは思わないし、初見で読めたらすごいよ。
答え:ぽんとちょう

“太秦”
映画村で有名。これも漢字からは想像できない読み方ですね。
答え:うずまさ

“栗東”
滋賀の地名。
競馬ファンならご存知かも。栗東トレーニングセンターがありますもんね。
親戚がトレセンで働いてて、馬を見せてもらったことがあります。親戚が住んでなかったら知らなかったと思う。
Gacktさんの出身地でもあります。
答え:りっとう

“膳所”
これも滋賀です。
わたしが通ってた高校の名前、「膳所高等学校」。
他県の人に「ぜんしょ高校」って言われたことがあります。普通そう思うよね。
「所」をそう読むとは思わないでしょう。
答え:ぜぜ

まだまだありますが、この辺にしておきます。
地名って面白いですよね。
その地名、ひとつひとつに歴史があって、なぜその地名になったのか由来を調べてみるのも面白い。
東京の東雲(しののめ)とか、京都の雲母坂(きららざか)なんて、情緒があって素敵な地名だなぁって思いますよ。
でも、あんまり難しすぎる地名も読めなくて困りますよね。

第216回「読めるかな?変わった地名」



関連記事
別窓 | FC2TBテーマ/質問に答えてみました。 | コメント:4 | トラックバック:1
2007-02-22 Thu 14:46 ∧top | under∨
<<花粉症、だいじょうぶ? | ねこPunch↑ | ちょっと待って、そのサイト大丈夫?>>

この記事のコメント

はじめまして!コメントありがとうございます♪
京都の方ですか。京都はほんま、多いですよねぇ。
答え合わせしました!◎です、百点満点です。
あとでそちらにもお邪魔しまーす^^
2007-02-22 Thu 02:30 | URL | ねこの★ひとみ #-[ 内容変更]
京都人なので、全部読めました
(´▽`) ホッ
答えは書いちゃうとつまらないけど、
書かないと、『こいつホンマに読めたんか?』と思われかねないので。。。
=================
物集女 もずめ
先斗町 ぽんとちょう
太秦 うずまさ
栗東 りっとう
膳所 ぜぜ
==================
2007-02-22 Thu 00:08 | URL | 澤木淳枝 #-[ 内容変更]
からすま、くらいしか読めませんでした(笑汗)
地名とか名前って、
ややこしいのがありますよねぇ。
話はそれるけど、
この前イナカに行った時に、
『三日月』さんっていう表札を見つけました◎
きれいな苗字だなあ~
でも、『三日月 雅文』とかって、、、合わない(笑)
(まさ→雅文)
『三日月 瞳』はいいかも・・♪
2007-02-23 Fri 08:53 | URL | まさ #6Q0aW8YQ[ 内容変更]
地元の人じゃないと読めない地名ってありますね。
三日月さんって、きれいな苗字ですね。
政治家で三日月大造って人がいて、珍しい名前だなと思っていました。
「三日月 瞳」は芸名みたい!
三日月さんと結婚したらそうなるんですよね(笑)いいな。
三日月 雅文もかっこいいですよ^^
わたしが知ってる珍名さんは、興梠(こおろぎ)さんがいます。
自分は平凡な名前だからちょっとつまんないなぁ。(笑)
2007-02-23 Fri 12:10 | URL | ねこの★ひとみ #RfvAj64s[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

地名地名(ちめい、''Toponym'')とは、国土、地方、都市、町村、地形などを表す名称であり、言語学上、名詞|固有名詞として扱われる。その成り立ちは、自然の地形、自然現象、記念すべき出来事、その土地ゆかりの人名、産物、旧国名など様々な事象から命名される。近年、住 …
2007-02-25 Sun 08:46 英語学習教習所
∧top | under∨
| ねこPunch↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。